お出かけ

雨の日でも楽しめる上野動物園

投稿日:2018年3月21日 更新日:

2017年6月生まれのジャイアントパンダのシャンシャン(メス)は2019年1月5日の計測で40.3kgに。母親のシンシンからひとり立ちするためのトレーニングもいよいよ終日別居となりました。室内または放飼場にて過ごしていますが、パンダ舎入ってすぐにお目にかかれます。待ち時間も以前ほどではなく30分~1時間間位で観覧できます。6月にはお別れになるかもしれませんので、この機会にぜひ。

東京の天気

  • 今日

    晴れ

    晴れ

    10℃ / --℃

  • 明日

    晴のち曇

    晴のち曇

    10℃ / 2℃

  • 明後日

    晴れ

    晴れ

    --℃ / --℃

雨の日のシャンシャンは…

お天気の良い昼間に行きますとまったりとした動物が多く、スケッチには良さそうですが、雨の日には、躍動的な一面をみることができます。シャンシャンも同じようですよ。※雨天・荒天・気温の高い日など、場合によっては室内で過ごすことになります。

上野動物園-シャンシャン待ち時間

園付近にて待ち時間の案内があります

土日やイベントのある日は待ち時間も1時間以上かかることもありますが、最近は平日ですと30分~1時間ほどでご対面できます。また、パンダ舎が混雑していますと観覧列も早めに打ち切りますので、閉園時間から待ち時間を差し引いた時間を最終観覧の目安にされますとよいでしょう。(先日は14時半の時点で100分待ちで、15時位には終了アナウンスが流れました)

観覧法は、混雑状況に応じて 立ち止まることなく歩いての観覧 または 時間制限を設けての観覧 ということになりますが、現在は比較的撮影しやすい状況になっていると思います。待ち時間などの詳細は上野動物園のTwitterで確認できますので、お出かけ前に活用されますとスムーズです。

場所
表門にて待ち時間の案内がされており、入園しますと右側にパンダ舎があります。
※なお、表門は6月12日より改修工事に伴い、これまでの位置から右側に仮設されるようなのでご注意ください。
観覧列は総合案内所付近から並びますが、ポール列やスタッフも案内していますので分かりやすいです。

パンダ舎前待ち列

パンダ舎前待ち列

2019年1月シャンシャンの様子
ひとり立ちトレーニングも最終段階に入り、母親リンリンとも終日別居となっています。

2019.1月シャンシャン

2019.1月シャンシャン

15時頃のシャンシャンはパンダ舎入ってすぐの屋外放飼場にいました。

一列になって先方との距離を開けないようにしての観覧スタイルでしたが、ご対面する前から見えますので以前よりもお目にかかれる時間が長い気がします。

この時はお隣の室内に飼育員さんがいて気になっていたのでしょうか。扉に向かってひたすら笹を食べていましたが、たまにみせる横顔にはあどけなさが残っていてかわいらしかったです。

雨の日のジャイアントパンダの様子
シャンシャンの誕生日を含めた、雨の日のパンダの様子を時系列にまとめましたのでご参考までにご覧ください。
12時頃
お母さんのシンシンは室内にいました。

7月シンシン

シンシン

笹食べて満たされたのかな。すごい寝姿(笑)

7月シャンシャン

シャンシャン(2018.7)

シャンシャンも雨に打たれながら寝ていました。

リーリー

リーリー

お父さんのリーリーは同じところを動き回っていました。

13時頃
1歳の誕生日である6月12日は、沢山の方がお祝いに駆けつけてくれたようで開園前から大変混雑していました。

お母さんパンダのシンシンは室内にいました。

お母さんパンダ・シンシン

お母さんパンダ・シンシン

こちらの飼育室(2号室?)にはシャンシャンの誕生日プレゼントとして設置されたハンモックがあります。

放飼場Aにはシャンシャンがいました。

1歳シャンシャン

2018.6月 1歳シャンシャン

シャンシャン笹食べる

シャンシャン笹食べる

木製の台の上で笹を食べていましたが、タイミングが悪く、殆ど背中でした(笑)

それでも
ちっちゃくて、まんまるで、可愛いです。

まんまるシャンシャン

まんまるシャンシャン

最後にお父さんパンダのリーリー。

リーリー

リーリーうつぶせ寝

寝てます(笑)

ジャイアントパンダは1日10時間以上睡眠をとるといわれているので寝姿率が高いですね。でも、無防備で人間ぽい寝方をしているところもまたほっこり気分になれます。

スポンサーリンク

14時頃
朝から弱雨が降って気温もコートが必要なくらいの寒さでしたが、屋外にいました。

シャンシャンは台に座って笹を食べ、シンシンは歩き回っていました。隣の放飼場でも父親リーリーが笹を食べていました。

シャンシャンとリーリー

シャンシャンとリーリー 2018.10

15時頃(6月)
雨が激しいものの、屋外にいました。

上野動物園(ジャイアントパンダ-食事中)

上野動物園(笹食べるシンシン)

お母さんのシンシンは笹をひたすら食べていて、その後ろでシャンシャンが遊んでいました。

上野動物園(シャンシャン-遊び中)

2018.6 シャンシャン

木登りをしようとしたり、活発に動いています。
お父さんパンダのリーリーも別途屋外にいましたが、木製台の下で寝ていました(笑)
すべてのパンダを見終えるまで1~2分程度
混雑していると立ち止まることができないので、雨の日の撮影はちょっと難しいですね。

スポンサーリンク

16時頃
父親のリーリーは木登りを始め・・・まさかの排泄(笑)

それから一息ついて?木から降りてくると正面右隅に行き、姿を見せなくなりました。
どうやらお部屋に帰ったようです。

リーリーの動きを振り返ってみると、帰る時間を察してマーキングしたのかも?
見つめる視線の先はシンシンとシャンシャンの屋外場なので、家族や飼育さんの様子が気になっていたのかもしれませんね。

シンシンとシャンシャンは母子分離で室内に移動されていました。

シンシンは笹や竹をひたすら食べていました。
この頃はシャンシャンに母乳をあげていたようなので、尚更お腹がすきますものね。

一方、シャンシャンは警備員さんの話によりますと雨に喜び、遊び疲れたようで木に登ったまま寝てしまったようです。

活発なところが見たいという点では残念でしたが、微動だにしないことにむしろ関心です。
どうして落ちることなく・しびれたり痛がることもなく寝続けられるんでしょうね。
寝姿もかわいいので次第に残念というよりも愛情の方が増してきました(笑)

16時頃
 この時間帯のシャンシャンは遊び疲れからかいつも寝ています。シンシンは、子育て中のくつろぎタイムな気がしますね。

8月シンシンとシャンシャン

2018.8月 シンシンとシャンシャン

仙骨座りみたいなスタイルのお父さん。のんびりと過ごしてそうですね。パンダをみてると癒されますよね。

8月リーリー

リーリー

ひとりだちに向けての母子分離トレーニング
野生のパンダは1歳半~2歳の間で単独生活に入るようになります。シャンシャンもまた同様に成長してもらうために母子分離時間を設けてトレーニングを行っていますが、現在は最終ステージに入り、終日別居となっています。なかなかお目にかかれない親子パンダというのが大きな魅力でもありましたが、6月には中国へ返還される予定ですので最後まで見守ってあげたいですよね。

なぜ、返還?
ジャイアントパンダは絶滅の恐れがあることから繁殖し、増やしていく目的も担って飼育しています。園内で生まれ育ったシャンシャンも同様に、かつ、自然に近いタイミングで単独生活をし、パートナーをみつけ、やがて子どもが誕生するようにしてあげることが望ましいですよね。もともと中国に生息するいきものですから中国へ返還しましょうということです。

その他の動物も必見

そのほか人気エリアは普段と変わらずライオン・トラ・ホッキョクグマ・ペンギンでしたが、雨宿りをしている動物、いつもとはちょっと違うテンションの動物もいたりして生き生きしている姿がみられます。

ライオン

ライオン

顔をすりすりしたり食べたり?噛んだりしてる様子でした。

トラ

トラ

お肉をくわえて高台にジャンプして食べたり、ボールで遊んだりしていました。

ホッキョクグマ

ホッキョクグマ

ちょうどゴハンだったようです。

ペンギン

ペンギン

ペンギンは特に・・・普段と様子は変わらない?でもカワイイ。

プレーリードッグ

プレーリードッグ

雨に打たれながら合唱のように声を上げ、落ち着くと洞穴に戻っていくという可愛らしさに皆さん笑顔でした。

スポンサーリンク

タイミングが合わないとまったく見当たらない状態になりますが、しばらく待っていますとでてきます。穴から2匹くらい姿を現したら、次々と出てきますよ。お向かいのおサルさんが声をあげますと反応して出てきたりもします。

上野動物園-アシカのあくび

上野動物園-アシカのあくび

アシカもまた声を上げた後、あくびをしたりユニークな表情をして水に潜りました。

屋内展示の両性爬虫類館は、出入り口付近は休憩できるスペースにもなっていますので、所々でもらったペーパー類を読みながら足の疲れを癒すにもいいですね。

両生爬虫類館

両生爬虫類館

館内、上着を脱ぎたくなる温度の中で大きな水槽にいる生物や植物などに似た(擬態)生物、夜行性の動物などもいて興味深いです。大きな水槽にはそれでも所狭しそうなワニがいて圧巻ですよ。

両生爬虫類館

両生爬虫類館

ウィンクのように見えますが、両目を閉じることなく寝てる様子でした。

両生爬虫類館

両生爬虫類館

どうしちゃったんだろう(笑)

両生爬虫類館

両生爬虫類館

カエルはガラスに張り付いているものもいるので、生きた図鑑ですよね。

晴れた日が得意な?動物たちの、雨宿りをしている姿もまた風情があります。

ワオキツネザル

ワオキツネザル

雨宿り

雨宿り

このほか天候に左右されず、じっくりとみることのできる展示室が'夜の森' '小獣館'です。

夜の森は室内が暗いので分かりにくいですが、見つけることのできた嬉しさというのもありますよね。特にコウモリの種類が多く、探検気分で楽しめると思います。小獣館ではネズミ科が多いですが、アルマジロの素早さに関心したり、個性的な顔立ちのマヌルネコなどもいます。

マヌルネコ

マヌルネコ

デグー

デグー

 

スポンサーリンク

お土産 パンダ

シャンシャン?の赤ちゃんぬいぐるみは生後2日(ピンク色)と生後10日(うっすら色がついている)、黒色がはっきりしてきた頃の608gの仔パンダがありました。

赤ちゃんパンダ

赤ちゃんパンダ147g

仔パンダのぬいぐるみ

仔パンダのぬいぐるみ

ピンクの仔は147gと掌にのせても軽く、うっすら色づきの仔は284gで見た目以上にずっしりとした重みがありました。お値段少々お高いようにも思いましたが、足の指やリアリティの面をみますと、人気があるのも頷けます。特に生後10日の仔は人気がありますので、見つけたらすぐに購入された方がよいかもしれませんね。

我が家は、パンダ折りのできるメモ用紙と上野駅アトレ内のアンデルセンでパンダにちなんだパンを購入。

パンダ折りメモ帳

パンダ折りメモ帳

手前左から時計回り
あんパンダ ¥180 パンダクリームパン ¥180 パンダ食パン1/2 ¥400 パンダのクリームパン ¥200

パンダ柄の食パンは色付きの部分がココア風味で全体的に甘めです。

そして、思わず買ってしまったのが、シャンシャンブック。

公式ブック

上野動物園公式ブック¥1,800

一般観覧では捉えることのできない一面とキュンキュンするような可愛らしい写真が豊富に掲載さた、シャンシャンの成長記録です。上野動物園でジャイアントパンダの自然交配による妊娠・哺育によって成長したのは初めてのことで、飼育者たちの愛情と努力が垣間見える飼育係からのひとことや繁殖への取り組みも必読です。

無料で楽しめる!お土産も

動物園の東園・西園間を往来するモノレール乗り場にはスタンプ台紙にもなっている園内mapがあるのですが、持ち帰り後はモノレールのペーパークラフトとして楽しめます。
また、見どころ新聞「ZOO TODAY」や「みんなの上野動物園」は動物の生態などが分かりやすくまとめられていて、園内で読むもよし、持ち帰ってじっくり読むも良しです。

このほか、ガイドさんによる各動物たちの解説もあり、パンダは毎週水曜日午13時30~14時30分まで、生態や体の仕組みなどのお話が聞けます。子ども動物園は2017年にリニューアルされ、3歳までのお子様が遊びを通して動物を身近に感じられるお部屋や12歳までの体験プログラムなどがありますので、参加してみるのもいいですね。

スポンサーリンク

まとめ

・いきいきとした動物たちの様子をみたい方は、開園・閉園間近がおすすめです。

・雨の日は動物たちの普段とは違った一面が楽しめ、フード付きレインコートを持参すると見やすくて撮影もしやすいです(フラッシュ禁止です)。

・シャンシャン観覧は混雑状況に応じて待ち時間にも幅がありますので、開園頃に到着するか上野動物園公式Twitterで確認しましょう。

・子供動物園すてっぷには子ども専用トイレがあり、外側の手洗い場にもハンドソープがついているのでおすすめです。

・園内飲食の販売をしていますがお弁当持参が可能で、雨天でもテントが設置されてありますので休憩出来ます。

おすすめ動物

今季は暖冬といわれていますが、寒さが身に凍みるこの頃。動物たちはどのようにして冬を過ごしているのでしょう。また、寒い地域に住む動物たちはどのような動きをみせるのでしょうか。

我が家が訪れた12月は

ホッキョクグマが泳いでいたり

水の中のホッキョクグマ

水の中のホッキョクグマ

ゴリラは麻袋?の服を着たり脱いだりしていました。
また、こどももいてお母さんと行動を共にし、いつも一緒にいる姿は微笑ましくもありました。

このほか、寒い冬を乗り切るために夏仕様から冬毛に代わってモフモフになる動物もいます。

1月のプレーリードッグ

1月のプレーリードッグ

ほかの動物たちはどんな様子なのでしょうね。

 

スポンサーリンク

アクセス(時間・入園料・休園日など)

開園時間 
9時30分~17時(入園16時まで)
休園日 
月曜(祝日・振替休日・都民の日の場合はその翌日が休園日です)
12月29~1月1日
無料開園日 
3月20日・5月4日・10月1日・5月5日(中学生)・9月15日~21日(60歳以上の方と付添者1名)

入園料
一般 600円
中学生 200円
65歳以上 300円

無料の方
小学6年生まで
都内在住および在学の中学生
身体障碍者・療育手帳、愛の手帳・精神障碍者保健福祉手帳をお持ちの方は、手帳掲示で本人と原則として付添者1名無料です。

駐車場 なし

ベビーカー貸出 1日500円
笹カラーとパンダ模様がかわいらしいベビーカーです。パンダ舎隣にてレンタルできますが、待ち列で分かりにくいかもしれません。付近のスタッフさんに声をかけてみてください。その他、西園弁天門前・池之端門わきでもレンタルできます。

おすすめ記事

N's入口 1
奈良美智さんのN's YARDへ行ってきました

2018年栃木県の那須塩原に奈良美智さんの未発表作品を含む作品公開施設がオープンしました。作品だけを鑑賞されるのであれば所要時間1時間位でしょうか。2005年から新作まで展示されており、各展示室の造り ...

あけぼの子どもの森公園 2
メッツァもいいけどこちらは無料。トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園

埼玉県飯能市にあるムーミンチックな公園に行ってみました。この公園はトーベ・ヤンソンさんとの手紙のやり取りによって生まれ、コンセプトのしっかりとした、まさに北欧な憩いの場でした。2018年6月にはカフェ ...

上野動物園(ジャイアントパンダ) 3
雨の日でも楽しめる上野動物園

2017年6月生まれのジャイアントパンダのシャンシャン(メス)は2019年1月5日の計測で40.3kgに。母親のシンシンからひとり立ちするためのトレーニングもいよいよ終日別居となりました。室内または放 ...

奥入瀬・阿修羅の流れ 4
山形・奥入瀬・松島 弾丸ツアーしてみました

子どもの「奥入瀬渓流みてみたい」から始まった我が家の弾丸ツアー。せっかくなので日本海と太平洋をみて感じてもらおうと新潟から山形を北上し、十和田湖・奥入瀬渓流、宮城県は松島に行ってみました。 目次1 山 ...

龍ヶ窪 5
【癒しスポット】神秘的な池「龍ヶ窪・新潟県津南町」

新潟県津南町にあります日本名水百選の龍ヶ窪へ行ってみました。 湧き水は透明度が高く水面にも鏡のように森林が映ります。撮影スポットと水汲み場(神社)は分かれており、お子様連れですと所要時間は60分程でし ...

キャンプ アウトドア 6
家でも使えるアウトドア用品を見つけました

かつて車泊旅行がメインだった我が家ですが、そろそろキャンプデビューしたいなということで代々木公園にて開催された'OUTDOOR DAY JAPAN 2018'に行ってみました。コンパクト・かわいい・片 ...

-お出かけ

Copyright© 双子女子とこそだて , 2019 AllRights Reserved.