双子女子とこそだて

子育て

生後5カ月の赤ちゃんの様子と予防接種

投稿日:2018年3月15日 更新日:

スポンサーリンク

5か月目に入りますと様々なことに興味を持ち始め、寝返りなどの運動機能の発達が少しずつ感じられるようになります。また、6か月頃からの離乳食開始に向けての準備もそろそろ始めたいところですね。早い・遅いは個人差があるというもののやはり気になります。ご参考までに一般的な赤ちゃんの様子や我が家の双子女子・息子の成長記録をまとめましたのでご覧ください。

5カ月の赤ちゃん

スポンサーリンク

生後5か月の赤ちゃんの様子

赤ちゃんの様子
・これまで発達が著しかった体重・身長ともに落ち着いてきます。
・体重 男子6.1~9.2㎏/女子5.7~8.7㎏
・睡眠時間13~16時間ぐらい
・声の方に振り向く。
・首がすわり、背中から横に転がるような素振りや寝返りをするようになる。
・近くのものに手を伸ばす。
・夕方泣きや夜泣きがみられる。

我が家の場合
息子 夕方や夜泣きはあまりしなかったように思います。また、布玩具に興味を示さなくなったので、穴だらけのボール(オーボールラトル)をあげると両手で掴んで舐めたり噛んだり、枕の角や抱っこひもも口に入れてました。

寝返りは、枕元にお手入れセットが置いてあって興味を持ったようで身体をよじらせ、数日後に寝返りをしました。しかし、この1度だけで次回は生後6か月に入ってからでした。なお、首すわりはうつ伏せでの様子をみましたがまだ時間がかかりそうです。

双子 寝返りでできるようになるまで、双子間で1か月ほどの差がありました。ほか、一卵性は同じように育つのかと尋ねられることがありますが、個性や個人差があったうえで、互いの様子から学習?真似て最終的に同じことをするようになるといった面が多く見受けられました。

例えば、ママがいない、抱っこしてくれないと不機嫌になったり夕方や夜泣きをする子と親の様子をみて数日後に真似る。一方、唾を飛ばしたり威嚇するような声で授乳を催促するのをみてもう一人も真似をするといった具合です。人見知りも始まりました。

授乳 生後5か月の目安
・母乳による授乳間隔4~5回 
・ミルク量 トータルで1000ml
・ミルク回数 例)1回200ml×1日5回

※ミルク量は遊び飲み、満腹加減、離乳食の開始などにより飲みむらがあったり、トータル量に及ばないこともあります。

個人差が大きいので母子手帳に記載されている乳児身体発育曲線に沿った成長であれば問題ないといわれています。また、曲線から下がってしまっても赤ちゃんの体調や機嫌が悪くなければ様子を見、心配な時には小児科や相談室を利用しましょう。

我が家の場合

息子 母乳ですが授乳時もおしゃべりによる遊び飲みが続いています。

双子 混合で授乳回数は7~10回。母乳の後に足すミルクは助産師さんと相談の上、30~多い時で100ml。夜の授乳間隔は3~4時間でした。遊びのみが激しくなり、外出先の授乳室では他の赤ちゃんの様子が気になるようで授乳できないほどでした。

スポンサーリンク

離乳食の準備

離乳食を始める前に準備期間として、自分たちが食事をしているところを見せて興味を持ってもらいます。

食べ物を目で追ったり、普段以上によだれを流したら離乳食の開始時といえます。

また、

スプーン使いや感触に慣れてもらうために母乳(ミルク)や湯冷ましをのせて与えてみましょう。

スプーンはステンレス製ですと口当たりの冷たさや硬さに刺激を感じて嫌がりやすいので、シリコンや木製などの素材を離乳食スプーンとして用意し、使い始めるとスムーズです。

我が家の双子女子の場合

食事の際にそばに寝かせてみますと、よだれを沢山出したり、口をもぐもぐさせ興味あるようでした。

姉の方は次第に食事時間になると不機嫌になり、口をとがらせてブーと鳴らし、お腹をせり出して怒り始めました。

食べたいのに食べさせてもらえない、意地悪な時間だと思ったのかもしれません。

スプーンはシリコン製品を2人分用意しました。意欲的な姉はスムーズに、マイペースな妹は慣れるまで少し時間がかかりました。

注意したいこと

うつ伏せ(窒息・乳幼児突然死症候群)

1歳未満の赤ちゃんは何の前触れもなく亡くなってしまう乳幼児突然死症候群になりやすいといわれています。

医師からの指示がある場合を除き、寝姿に注視してあげなければなりません。寝返りをし始めた赤ちゃんはすることはできても体勢を戻すことが出来ないので、うつ伏せのまま疲れて寝てしまうこともあります。また、近くにあるの物を取って口元に運び、確かめるような遊びも始めますのでそのまま口鼻を防がないよう注意してあげましょう。

揺さぶり(乳幼児揺さぶられ症候群)

夜泣きなどが見られ始め、なかなか泣き止まないこともあってつい揺さぶりを激しくしてしまう方もいらっしゃるようです。

赤ちゃんは首の筋肉が未発達なので脳への衝撃を受けやすく、障害や死を招く恐れもありますので、小刻みな揺さぶりや頭が不安定な状態で揺さぶることのないよう気をつけましょう。

なかなか泣き止まない時

・おむつ・授乳・衣類の中に髪の毛や長い繊維が入っていないか確認をする

・外出して気分転換を図る

・赤ちゃんの身体が多く接するような抱っこをしながら優しく声をかける、または、子守唄を歌いながら赤ちゃんの身体に手でゆったりと拍をとる

また、歯が生えてくる不快感から前触れとして夜泣きする場合もあるようなので、噛んでもよいおもちゃを与えてみるのもよいでしょう。

蕁麻疹

どうしてこんなところに、蚊に刺されたような腫れがあるのだろう。

最初は1つくらいでも日に日に増えたり、顔や手足の柔らかいところに沢山または大きく赤みを帯びた腫れができて驚くこともあるかと思います。

蕁麻疹は原因不明であることが多いようですが、念のためかかりつけ医に診てもらいましょう。

また、離乳食後に現れた蕁麻疹や湿疹症状はアレルギー反応の可能性もある為、必ず診てもらいましょう。

その際に

・スマホで患部の写真を撮って持参する手数料

(蕁麻疹は30分~2時間ぐらいで消えてしまうので、診察時に症状がなくても画像が参考になります。)

・いつ、または何をして(離乳食後)どのくらいの時間で蕁麻疹が現れたのか

・どのような食材の離乳食をあげたのか

振り返っておくと原因特定しやすくなりますので、普段もどんな時に蕁麻疹が出るのかをメモっておくとよいでしょう。

包茎のお手入れ

痛みを感じにくい時期だから。

早くにお手入れしておいた方がいい。

入浴時に少しずつ行うと良い。

一般的にはそういう流れかと思いますが、

・分かりやすい反応がなかったとしても、実は、赤ちゃんは痛い。

・お手入れによってトラブルが起きてしまうケースもある。

お手入れの必要なお子さんとそうではないお子さんといますので、

ご自身で判断する前に

まずはかかりつけ医に相談してみましょう。

この時期にしておきたい予防接種

4種混合(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
BCG
B型肝炎(任意接種)3回目

BCG

腕に接種痕が残ることでご存知の方が多いですが、結核を予防する生ワクチンです。

結核とは
結核菌という細菌が体内に入って1,2年後に発症する方が約1割、他の人も抵抗力が落ちてきた時に発病し、咳・痰・発熱・呼吸困難などの風邪に似た症状や髄膜炎やリンパ・骨・腎臓などの全身に及ぶこともあり、特に小児では重篤になりやすいことから定期接種とされています。

予防確率
幼児期に予防接種することで、発症予防は約5~7割、髄膜炎や全身性の結核は6~約8割程度の予防ができるといわれています。また、1度の接種で10~15年くらい、予防効果が継続すると考えられています。

副作用
リンパ節の腫れや接種して2週間後くらいから針痕が赤くなる・化膿・かさぶたになることが多く、特に5~6週頃に強く現れやすいといわれていますが問題ないようです。ただし、数カ月以上ジクジクしているまたは大きな潰瘍になってしまった場合には診察してもらいましょう。このほか、アナフィラキシーや全身性の感染、大腿・上腕に骨炎を起こすことが稀にありますが、平成26年度は接種数90万のうち10件でした。ご心配な方は、医療機関にご相談されるとよいでしょう。

接種期間について
標準とされる接種期間は生後5~8カ月です。
ただし、地域の発生実情に合わせて早めに設けている自治体もあるようですので、推奨時期はお住いの案内などで確認しておきましょう。

外部リンク:厚生労働省 新型ウィルス対策が気になる保護者様へ 遅らせないで子どもの予防接種と乳幼児健診

関連記事:0歳からの絵本

-子育て

Copyright© 双子女子とこそだて , 2021 AllRights Reserved.