双子女子とこそだて

お出かけ

ムーミンバレーパークは妊婦さんお子様連れにもおすすめ。雨の日も楽しめます。

投稿日:2019年3月12日 更新日:

2019年3月16日埼玉県飯能市にムーミンのテーマパークがオープンしました。晴天はもちろん雨の日でも楽しめるアトラクション、ヤンソンさん関連展示、点在するショップのほか、自然散策するようなコースもありますので満喫される方はスニーカーがおすすめです。入園料などの概要のほか4つのエリアより見どころ詳細やオリジナルグッズなども紹介します。

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパーク

はじまりの入り江エリア

「ウェルカムゲート」

ウェルカムゲート

ウェルカムゲート

ムーミンバレーパークのシンボルマークでもあるムーミンとリトルミイがお出迎え。大きな本にキャラがくりぬかれたウェルカムゲートもよく見ると隅っこの方にも小さなキャラクターがいますよ。

撮影スポットになっています。

パンケーキレストラン 「レットゥラ」

パンケーキレストラン レットゥラ

パンケーキレストラン レットゥラ

ムーミンママの得意料理といえばパンケーキです。

開放的な店内でスウィーツ系パンケーキのほか、サーモン・ローストポークなどの料理とお食事系パンケーキ、ワインなどもあります。

スウィーツ系パンケーキは甘くてボリュームもあるので2人で1皿が丁度よい感じです。ベリー系は塩のきいたパンケーキとベリーの酸味が美味しいです。

ベリーベリーレットゥ

ベリーベリーレットゥ

コットンキャンディーののったこちら↓は、

雲のコットンキャンディーパンケーキ

雲のコットンキャンディーパンケーキ

上からメープルシロップをかけて、切り分けると中央からアイスクリーム+生クリーム+リンゴンベリーソース+プリンが流れ出てくるのですべてからめて食べる感じになります。ふわっとしたパンケーキは口の中でとろけ、とっても甘いので紅茶やコーヒーとどうぞ。

はじまりの店「アルク カウッパ」

パーク内で販売されているグッズやお菓子などが揃っています。手荷物になるので帰る前にお土産を買いたい人やオリジナルグッズ・人気商品をゲットしたい人はチェックされるとよいでしょう。

スポンサーリンク

ムーミン谷エリア

アトラクションが立ち並ぶメインエリアですが、フラッシュやほかのお客様への迷惑行為にならなければ屋内アトラクションも撮影可能です。

ポップコーンカート「スーパラ」

ポップコーン

ムーミン屋敷型のポップコーンケース

プレ当日は販売していませんでしたが、メインアトラクションへ向かう前にゲットしたいアイテムです。
こちらのみの取扱いで、フレーバーはその日によって変わります。

「エンマの劇場」 所要時間約30分

エンマの劇場

エンマの劇場

ムーミン物語のライブエンターテイメントが行われます。

エンマの劇場 開演時間

エンマの劇場 開演時間は変更あり

プレオープン時には、ムーミンが別のいきものに姿が変わってしまって誰にも気づいてもらえないお話でした。そんななか、唯一ムーミンだと分かる人物がいますが、誰でしょうか。最後のスナフキンの言葉もすてきです。

エンマの劇場 撮影タイム

エンマの劇場 撮影タイム

タイミングが合えばショーの後、移動するムーミンやミィ、パパママとステージで一緒に撮影できるかもです。

スポンサーリンク

アーケードゲーム「ぺリ ア レイッキ」 3回500円

さかなつりゲーム

さかなつりゲーム と おさびし山チャレンジ

トゥーティッキのさかなつりゲーム(ハンマーで叩いて魚を台に乗せる)

または

おさびし山チャレンジ(ボール転がし迷路風)

の2種類あり、3回チャレンジできます。1つでもクリア出来たら

ムーミンまたはリトルミイのぬいぐるみがもらえます。

残念な方にはオリジナルピンバッジがもらえます。

参加賞

ゲームの参加賞

小さなお子さんには、おさかなつりゲームがおすすめです。

関連記事:飯能ムーミンバレーパークが楽しくなるミニ知識

テイクアウトフード「ピカルオカ」

ホットドッグ

ホットドッグがおすすめ

フィンランドでは定番のビーツバターを使用したホットドッグとグリーンレモネード(ゼリー入り)がおすすめです。ドリンクのストローが紙製と環境配慮されているのもさすがです。

グリーンレモネード

グリーンレモネード

スポンサーリンク

「ムーミン屋敷ガイドツアー」所要時間約20分

ムーミン屋敷

ムーミン屋敷

有料ガイドツアーです。
1人1000円 3歳以下無料

地下室は貯蔵庫
1階はキッチンとダイニング
2階はリビング、ムーミンパパ・ムーミンママの部屋
3階はムーミンの部屋、リトルミイの部屋、ゲスト部屋にはスノークのおじょうさんの部屋
屋根裏にはムーミンパパが執筆を行う書斎があります。

ムーミンのレントゲン

ムーミンのレントゲン

↑ムーミンの尻尾の毛がなくなって、ママが煎じたお薬を飲むと黄金の尻尾が生えて大人気になるお話がコミックにあります。その尻尾の毛がなくなった際に原因を調べるためレントゲンを撮ったのですが、記念に飾ってあるようです。

思い出写真のほかいろんな仕掛けもあり、最後にはプレゼントがもらえます。

スポンサーリンク

「リトルミイのプレイスポット」 所要時間約10分

リトルミイのプレイスポット

リトルミイのプレイスポット

有料アトラクションです。
1人700円 3歳以下無料

ムーミン屋敷を舞台にリトルミイがいたずらをして、観覧者もまきこまれてしまう参加型シアターです。

いつの間に?という具合で観覧者の中から数名ほどキャラたちと一緒に登場しますよ。

ちょっとしたクイズもあります。

リトルミイのショップ「ピック ムーカウッパ」

リトルミイの店

リトルミイの店

プレイスポット向かいにある小さなお店。ヒマワリに座るリトルミイをイメージした看板が目印です。

リトルミイグッズ

リトルミイグッズ

リトルミイグッズ

リトルミイグッズ

リトルミイグッズ

リトルミイグッズ

リトルミイのオリジナルグッズなどを扱っていますが、人気があり午後には品薄状態でした。

「海のオーケストラ号」所要時間約10分

海のオーケストラ号

海のオーケストラ号

有料アトラクションです。
1人1000円 3歳以下無料

「ムーミンパパの思い出」に登場する船内は物語を体感できるシアターとなっており、若き日のムーミンパパと最初のお友達で発明家のフレドリクソン、冒険仲間のスナフキン・スニフの父親が登場します。

ご注意:水しぶきが飛んできて濡れます。

スポンサーリンク

二ブリングのショップ「タフマタッスカウッパ」

二ブリングの店

二ブリングの店

二ブリングのグッズ

二ブリングのグッズ

ムーミンパパやムーミンパパの思い出に登場するキャラクターたちのグッズ、ボートなどの輸入玩具もありました。二ブリングのぬいぐるみって…初めて見ました。

郵便「ポスティ」

郵便

郵便

ポストカードやスタンプなどを扱い、店舗前にあるポストに投函すると限定消印が押されて届きます。

このほか、「水浴び小屋」やカメラマンによる「ムーミンたちと写真の撮れるムイックフォト(2000円)」があります。

スポンサーリンク

コケムス展示施設

コケムス

コケムス

常設・企画展

正面通路の壁面には飛行おにのシルクハットから出てきた植物が覆いますが、よく見るとキャラクターたちが潜んでいます。突き抜けると、ムーミン一家と著者のトーベヤンソンさんがお出迎えしてくれます。

コケムス展示室通路

コケムス展示室通路

奥エレベーターに乗って3階からの回路となります。

闇夜の森に迷い込んだかのような始まりから、メインキャラのワンシーンを再現。

そこから絵本「それからどうなるの」に入り込んだような流れで撮影も映えますし仕掛けも楽しめます。

それからどうなるの

それからどうなるの

トーベさんに関する展示室では、物々しい初代ムーミンから現代的なムーミンへの変貌とともに幼少時代に体験した戦争の影響があったことなどをはじめ、精力的だったトーベさんの生涯が紹介されています。

最後にキャラクターたちの紹介、名言・名場面、コミック、コレクションなどが展示されていました。

小児病棟の壁画 再現

小児病棟の壁画 再現

フィンランドの小児病院の壁に描かれたというムーミンキャラたちの複製画を楽しみながららせん階段を降りてくると、ムーミン谷の8mに及ぶジオラマの全貌を捉えることができます。

ジオラマ見下ろすと

ジオラマ見下ろすと

ジオラマ・ティーティーウー

ジオラマ・ティーティーウー

実は各階からもみることができ、高い所にうみうまがいたり、おさびし山の途中でヘムレンさんが植物を観察していたり。1階地上でみてみると、奥の方にはかがり火に目に見えない冬のいきものの気配を感じたりと名場面が散りばめられて見応えがあります。

ショップ「ムーミラークソ カウッパ」

コケムス1Fショップ内

コケムス1Fショップ内

国内外のムーミングッズが揃い、書籍もあります。パーク内で一番の店舗面積かつ世界最大級の品揃えということもあり、展内大変混雑し、レジ会計もだいぶ待ちました。小さなお子さんが心配な方は奥にキッズスペースがあるので旦那さん?と休んでもらうと良いかもしれません。また、傘、ポンチョも取り扱っていますので突然の雨対策もばっちりです。

コケムス・キッズスペース

コケムス・キッズスペース

人気商品(品薄・売り切れやすい商品)は
・限定商品
・ムーミンバレーパーク ミイとムーミン柄のトート
・ムーミンぬいぐるみ
・ニョロニョロ ロングバウム/コミックアートクッキー/ハウス型キャニスター缶チョコインクッキー

手荷物になるのが嫌だったので夕方に立ち寄りますと、お土産にもなるようなお菓子やジャムなどは殆ど売り切れてました。

オリジナルグッズ(限定商品)はどの店舗に行ってもお昼の段階で品薄で、一部在庫のない商品もありましたが、人気商品でもあるムーミンの大きめぬいぐるみはその都度補充されていましたので、見当たらなくても確認してみましょう。

また、全体的にお値段は高いので、お金は多めに用意した方がよさそうです(カード使えます)。

レストラン「ムーミン谷の食堂」
夜のパーティーに参加しているかのような雰囲気の中で、パスタやミートボールなどのムーミン物語をイメージしたお食事ができます。スウィーツもありますので、ちょっとひと休みにも利用したいですね。

セレクトショップ&カフェ「カウッパ&カハヴィラ」
北欧輸入商品や稀少なムーミングッズを取扱っています。

コケムス2Fショップ

コケムス2Fショップ&カフェ扱いグッズ

Martinex製のムーミンハウスにも使えそうなフィギュアがバラで売られてあるので思い思いのキャラを探してみては。

このほか、

コケムス2Fショップ・カップ

コケムス2Fショップ&カフェ扱いカップ

北欧ブランドARABIAのムーミンカップや小さなお子さまも喜ぶ玩具もありました。

ムーミンおふろもいっしょ

ムーミンおふろもいっしょ

我が家は「おふろもいっしょ」を1Fで購入しましたが、こちらでは同ソフビのばら売りもしていました。

隣接するカフェではフィンランドの伝統菓子やスウィーツが味わえます。

ワークショップ「パヤ」

コケムス2Fワークショップ

コケムス2Fワークショップ

トーベさんの作品やストーリーに登場するものづくり体験ができます。
現在は、オリジナルバッジつくり、うみうま絵付けが行われています。

関連記事:ムーミン・北欧テーマの飯能メッツァはヒュッゲ満載

スポンサーリンク

おさびし山エリア

子どもたちが自然の中で元気いっぱいに遊べるエリアで、ツリーハウス兼アスレチックなどが点在します。また、灯台は対岸やビレッジ側からもみえ、夜の回転灯も雰囲気が出ています。

「飛行おにのジップラインアドベンチャー」滑走時間約1分

飛行おにジップライン受付

飛行おにのジップラインアドベンチャー受付(ロッカールームあり)

飛行おに

飛行おにのジップラインアドベンチャー

有料アトラクションです。1人 1500円 
※利用制限あります
・小学校3年生以上
・身長120~190㎝
・体重30~100㎏
・1人ずつの利用となり、同意書にサインが必要です。

おさびし山の頂上から滑車を使って湖面を滑り降りる往復約400mのアトラクションです。

飛行おに

飛行おにのジップラインアドベンチャー

最初の飛び降りる(押してくれる)瞬間や湖上を滑り行くスリルに緊張しましたが、戻ってくる時は慣れたからか風を感じながらの眺望に爽快感があって短時間でも満足できるアクティビティでした。

それだけじゃありません。

飛行おにの探し求めているルビーがどこかにありますのでぜひ見つけてください。

※ヘルメットとハーネスの装着をしますので、体験される方は服装など注意した方がよさそうです。

※滑走時間は短いですが、受け付けてから装着・説明・場所移動などでトータル1時間以上要しました。他アトラクションも申し込まれる際には時間的な余裕をもって計画された方がよさそうです。

スポンサーリンク

「ヘムレンさんの遊園地」

ヘムレンさんの遊園地

ヘムレンさんの遊園地

滑り台、ロープネットやミニボルダリングのあるツリーハウスは子どもたちに大人気。

ヘムレンさんの遊園地

ヘムレンさんの遊園地

最上階のお部屋はどうなっているのか気になるところですが、荷物係の筆者はムーミンキャラの描かれた黒板を背にキノコの下で一休み。

おさびし山・きのこ

おさびし山・きのこの黒板

飛行おにのところからこちらまで坂道を上るので大人は結構な運動になると思います。

「スナフキンのテント」

遊園地から山道の階段を降りて突き当り左奥へ進みますと陸に上がったスワンボートが見えてきます。

散策中にワンシーン

パーク内所々にワンシーンがあります

さらに進みますとスナフキンのテントと焚火がみえてきます。

スナフキンのテント

スナフキンのテント

運が良ければスナフキンがいるようです。

この日はおさびし山を下りてくるところで遭遇しました。一緒に記念写真を撮ることもできるようですが、スナフキンの生声は聞けません(そうだよね)。

「灯台」

灯台

灯台

入ることはできませんが、内装を見ることができます。ムーミンママのバラの絵もあります。

夜は灯がともり、より一層、物語の雰囲気?情緒を醸し出します。

このほか「天文台」「飛行おにのカート」「ヘムレンさんのカート」「灯台前のカート」があります。

スポンサーリンク

気になるポイント(注意事項など)

・一時退園する時に腕にスタンプを押してもらうと再入園できます。

・ペットはリードをつけた状態であれば同伴可能ですが、アトラクションなど一部不可もあります。

なお、リードフックは「はじまりの店」「コケムス」「海のオーケストラ号付近」「おさびし山」に設置されてあります。

・飲食の持込み禁止です。園内自動販売機あります。

・入園チケット/有料アトラクション/駐車場はオンラインで会員登録後、予約・購入できます。

・人気のあるアトラクションは「飛行おにジップラインアドベンチャー」と「ムーミン屋敷ガイドツアー」です。

・小さなお子さんや妊婦さんは、飛行おにのアトラクションをのぞけばみな楽しめると思います。ただ、ムーミン屋敷は階段の昇降があるので足元・体調には十分にお気を付けて参加されるとよいでしょう。

・車いすの方は飛行おにのアトラクションの利用ができないほか、ムーミン屋敷ガイドツアーへの乗り入れ参加もできませんが、常設展や自然に囲まれた中でまったり寛いだり随所に散りばめられた物語のシンボルや一場面を楽しめるような園内なのでムーミンの世界観が楽しめると思います。

・授乳室、救護室は「はじまりの入り江」 エリアのショップ側にあります。インフォメーションにておたずねください。

・コインロッカーは「はじまりの入り江」「リトルミイのプレイスポット」にあります。

スポンサーリンク

雨の日の楽しみ方

せっかくの予約を入れての来園だったのに天候が悪いらしい。となると、自然に囲まれたパークも楽しさ半減しますよね。

でも、キャンセルはもったいないです。

雨・・・

雨・・・

我が家が行ったプレ日、開園から閉園までいたのですが、全てをみることなく終わってしまったのと夕方から雨が降ってきたことで気づきました。

関連記事:ムーミンバレーパークのアトラクション チケット・予約・内容は?

天候に左右されやすいのは「飛行おにアトラクション」「エンマの劇場」「おさびし山エリア」のほか、場合によってはカートやアーケードゲームも締まりそうですが、ほかの有料アトラクションは屋内なので大丈夫です。

いや。そもそも、入園料だけで楽しめる常設・企画展示施設のコケムスだけでも十分に楽しめます。

コケムス

コケムス

ムーミンの世界に紛れ込んだような体感型展示はインスタ映え間違いなしですし、物語やコミックを知らない人でもじっくりと読みいるような深い言葉やイラスト。

常設展示

常設展示

常設展示 モラン

常設展示 モラン

スナフキンとティーティーウー焚火

スナフキンとティーティーウー

それからどうなるの

それからどうなるの

常設展示

常設展

常設展

常設展

よく見るとキャラクターたちが潜み、くまなく探そうと思えばあっという間に時間が経ってしまいます。

常設展

常設展

キャラ紹介

キャラクターの紹介

そして、自然の厳しさやいきものたちの様子をリアルに描く著者がどのような生涯を送り、どのような誕生秘話があったのか。

この部分を知るとムーミン物語が幅広い世代に愛される理由もみえてきます。

深く知ったら、少しリラックス。

壁画

小児病棟の壁画 再現

トイレ前のベンチや壁画にもおなじみのキャラクターたちがいて、ほっこりします。

ジオラマは15分ごとに照明が変わり、雰囲気も違いますからずっと見入っていしまいます。

ジオラマ

ジオラマ

ジオラマ

ジオラマ

お腹がすいたら1Fレストラン。

コーヒータイムなら2Fカフェ。

物足りなさを感じたら3Fのワークショップへ。

最後は豊富な品揃えの1Fショップでショッピング。

コケムス1Fショップ

コケムス1Fショップ

コケムス1Fショップ

コケムス1Fショップ

コケムス1Fショップ

コケムス1Fショップ

ムーミン屋敷ケース付きフィギュアも

ミニムーミン屋敷ケース付きフィギュアも

ポップコーン

ポップコーン

ベビー用品から生活雑貨、ブランド食器、書籍、ぬいぐるみ、食品とありとあらゆるお品があって、かつ限定商品も多いです。

いずれも欲しくなりますので、お財布とにらめっこ(笑)時間がかかります。

雨グッズもパーク内で一番揃っています。傘バリエも多く、お手頃価格のポンチョもあります。

傘で人気があったのは、白地にリトルミイと赤い花柄模様ですが、リトルミイのショップでも数が少ないのか早くに在庫切れしていました。パーク出入口付近にある「はじまりの店」も店舗面積が大きいので、こちらでも雨具の取扱いがあるかもしれませんね。

さて、
雨の日最大の魅力は、限定商品をあわてて買わずに済むことではないでしょうか。

限定マスコット

限定フラワークラウン ぬいぐるみ

限定カップ

限定カップ

もしかしたら、ムーミン一家が突如グリーティングに来てくれるかもしれませんね(期待!)

スポンサーリンク

概要(入園料/チケット/別途有料アトラクション)

夜の水浴び小屋

夜の水浴び小屋

入園料
大人1500円
こども(4歳~小学生以下)1000円
3歳以下無料

チケット購入法および入園法

1.メッツァWEBサイトにて新規会員登録をします。

2.予定日の状況確認をしながら申込みます。
  ※同時にアトラクション、駐車場の申込みもできます。

3.支払い法を選択( クレジット または コンビニ 決済)します。

予約後にQRチケットが表示され完了です。
当日はそのQRチケットの掲示(スマホで掲示またはプリントアウト可)することで入園できます。

別途有料・時間予約制の施設
飛行おにのジップラインアドベンチャー 1500円※利用制限あり
海のオーケストラ号 1000円 3歳以下無料
ムーミン屋敷 ガイドツアー 1000円 3歳以下無料
リトルミイのプレイスポット 700円 3歳以下無料
※オンラインではアトラクションの時間帯を予約し、当日券売機にてお支払い・発券します。

関連記事:トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園なら駐車場も無料で楽しめます

スポンサーリンク

アクセス(営業時間/定休日/電車・バス/駐車場)

営業時間
10~21時(ムーミンバレーパークは20時まで)
定休日
現在のところありません。

最寄り駅と直行バス
電車
西武池袋線で '飯能駅' 下車
または
JR八高線で '東飯能駅' 下車

バス
●西武池袋線 飯能駅からの直行バス乗り場
北口1番
「メッツァ」行き(国際興業・西武バス)または メッツァ経由武蔵高萩駅行き(イーグルバス)を利用して約13分。
メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)下車。

●JR八高線 東飯能駅からの直行バス乗り場※運行は土日祝日のみ
東口2番
「メッツァ」行き(国際興業、西武バス)を利用して約12分。 メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)下車。

駐車場 Web予約制・有料

駐車場

駐車場とバス停

●前売り 平日1500円/土日祝2500円※9時30~21時30分の利用ができます。
●当日 Web予約に空きがある場合のみ、当日の駐車場予約できます。

月~金
当日12時59分までに予約した場合1500円
13~16時59分までに予約した場合1000円
17時以降に予約を入れた場合500円

土日祝
当日12時59分までに予約した場合2500円
13~16時59分までに予約した場合1500円
17時以降に予約を入れた場合500円

予約の仕方と入庫法
入園チケットと同様の手順で、チケットと同時に申し込むことができます。

1.メッツァWEBサイトにて新規会員登録されていない場合には、入力します。

2.予定日の状況確認をしながら申込みます。

3.支払い法を選択( クレジット または コンビニ 決済)します。

予約後にQRチケットが表示され完了です。当日はそのQRチケットの掲示(スマホで掲示またはプリントアウト可)することで入/出庫できます。

※上記は基本料金で、状況によって変更することもあります。
※駐車場の営業時間は9時30~21時30分で、一度退場されると再度予約が必要となりますのでご注意ください。

-お出かけ

Copyright© 双子女子とこそだて , 2019 AllRights Reserved.