マタニティライフ

授乳は母乳?それともミルク?

投稿日:2018年2月20日 更新日:

授乳法について、産後復職される方の多くはミルクもしくは混合でお考えの方が多いように見受けられますが、今一度、母乳やミルクのメリット・デメリットを知ったうえで授乳法について考えてみてはいかがでしょうか。

授乳は母乳?それともミルク?

唐突ですが、出産予定の産院はどちら派かご存知ですか?
出産する病院によって授乳は母乳推進かミルク派というものがあったりします。
さかのぼってみますと、ミルク推進の時代もありますし、アレルギーになりにくい母乳が見直されたりといろんな説がありまして、現在では産後の生活を考えたうえで、意に沿うような産院を選ぶ時代になっているようにも感じます。

私自身は、双子出産時にお世話になったのは母乳推進の産院でした。著書も読ませていただきましたところ「人間は0~3歳の愛着が重要」であり、抱く,話す,授乳の際に母体の乳首を吸わせることで「子の心を育み」「母の母性愛を育む」といった情緒面において大切なだけでなく、母乳を介して免疫をもらうなどの子の成長にも重要な役割も担っていることが分かりました。

良いことはしてあげたい。
私もそう思い、様々な母乳トラブルややむを得ずミルクをあげることもありましたが、最後まで母乳による授乳は続けました。

しかし、母乳を出す条件や質の良い母乳をあげるための食事、ケアなどがあり、ママの負担にもなっていることは確かです。そこで、ママの疲労やストレスを軽減しようということなのでしょう。2回目の出産時にお世話になった産院はミルク派でした。初乳以外はミルクでも大丈夫というような指導や講習があり、母乳にしようと決めていた私は戸惑いました。妙な空気が流れる中、それでも母乳にすることを伝えましたので、プレゼントされたミルク缶を使うことなく退院し、その後の授乳も順調に卒乳を迎えました。

同じ産院で出産されたほかのママさんはというと・・・
初産でなるべく母乳でやりたいと思っていたAさんは、ミルク派の指導に押されてミルク授乳に。仕事復帰を念頭にしていたBさんは、初乳以外はミルクと決めていました。混合方針のCさんは、経験があるので要領の良い授乳をしてるように見受けられました。

もちろんミルク派の産院でも母乳の指導はありましたが、当然ながら母乳派に比べると熱心ではありません。母乳は初めからスムーズに出るわけではなく、根気強く続けることで程よい量と的確な時間に生産されるので、すぐにミルクでいいとなると母乳が出てこなくなり、益々ミルクをあげることになってしまいます。なるべく母乳でやりたいと思っていたAさんに詳細は聞きませんでしたが、おそらく、母乳外来のないこととすぐにミルクを勧めることから上手くいかなかったのかもしれません。

私も双子の授乳の際には未熟児で生まれて母乳を吸う力が弱いのと、乳首と赤ちゃんの口の大きさが合わないことからミルクをあげざるを得ない状況でしたので、2~3か月位は混合で行っており、ミルクを否定するわけではありません。ただ、ミルクにもデメリットがあり、多少なりともママの負担はあるものです。

長くなりましたが、母乳とミルクそれぞれのメリット・デメリットをみていきましょう。

母乳のメリット

・赤ちゃんの心の安定剤

授乳の際に話しかけたり、抱き上げて、吸わせるといった一連の流れで情緒を安定し、母性愛も育まれていきます。

・発達と刺激

乳首を吸うことで顎の発達を促し、咀嚼機能の発達や脳への刺激になるといわれています。

・免疫力

発達段階に適した配合の栄養が含まれています。また、免疫を高める成分が含まれていますので、外部の病原体やウィルスに対する抵抗力や過剰なアレルギー反応を抑制することからアレルギーを起こしにくいともいわれています。これが母乳が重視されている一番のメリットです。

・産後回復が早い

授乳によってホルモンバランスが変化し、産後の子宮回復も早くなります。

・冷凍保存ができる

母乳を搾乳し冷凍しておけば体調が悪く服薬していて授乳が出来ない時、誰かにお世話をお願いする時などに哺乳瓶に入れて飲ませてあげることが出来ます。冷凍保存による期限は1か月です。

余談ですが、赤ちゃんは母乳に含まれた乳糖を分解しエネルギー源の一部としていますが、成長とともに乳糖に対する消化酵素が失われ、離乳食により炭水化物を摂取していくことになります。つまり、栄養面からみた母乳の役割は終わりということになりますが、心の栄養を満たす役割も併せ持ちますので、止めなければならないもの、ではありません。

母乳のデメリット

・授乳間隔が短い

消化機能が未熟な赤ちゃんにとって消化の良い母乳はやさしい食事ではありますが、それゆえに授乳回数が増えて深夜の授乳がつらいということをよく耳にします。
特に双子ですと、深夜に起き上がって同時授乳するほどの体力も辛いものがありますから、その分時間を要し、まとまった睡眠をとるのが難しいです。
ちなみに母乳は2時間で消化しますので、最低でも12回の授乳となりますが(新生児の場合は回数でみるのではなく赤ちゃんが泣く度にあげる)、成長とともに授乳の間隔はあいていき、回数も減ります。

・母乳ケアとお手入れ

母乳の需要と供給のバランスが悪かったり、ママの疲労やストレスなどによって母乳が溜まってしまうと質が悪くなります。また、母乳は脂肪分も多く含みますので、溜まり乳もそうですが、ママの身体が冷えると出にくかったり、ママの食事内容によってはヨーグルトのようなどろっとした母乳になって、詰まりやすくもなります。
このほか、度重なる授乳によって乾燥したり赤ちゃんの歯が生え始める前あたりから噛んだり噛んだまま引っ張ることもあって、傷ができてしまうこともありますので、羊のオイルで保湿の心掛けや溜まり乳の搾乳といったお手入れが必要となってきます。

・ママの食事がそのまま伝わる

全てその通りというわけではありませんが、例えばカレーを食べると、脂肪が多いですし沢山の香辛料を使っていますから、濃ゆくてスパイシーな味のする母乳になると助産師さんに言われたことがあります。

風味だけでなく、ダイオキシン汚染や添加物などの懸念を持っていらっしゃる方もいるかと思いますが、ダイオキシン類においては低下傾向にありますし、無農薬野菜や無添加食品も売られていますので、食品の産地や添加物を確認し、より安全なものを選び、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。
また、母乳には、ビタミンⅮが少ないといわれていますが、両手の甲位の面積で15分ほどの日光浴を親子共々できていれば形成されるといわれていますし、気になるようでしたら魚やきのこ等のビタミンⅮの多く含まれた食材を取り入れましょう。

こうしてみると、ママの負担という意味でデメリットになっているのかなと思います。
では、ミルクはどうでしょう。

ミルクのメリット

・飲んだ量を把握しやすい

母乳では、赤ちゃん自身の吸い込む体力によって飲める量も少なかったりするのですが、哺乳瓶の乳首は出やすくなっているので飲みやすいです。
母乳が足りない、赤ちゃんが小さすぎて上手に飲めない、発達が遅れているなど、必要としている栄養が摂取できない場合にミルクで補給できますね。また、飲んだ量も把握できますから、成長に関する心配やストレスも少しは軽減されるのかなと思います。

・腹持ちが良い

ミルクの成分などによって消化までに3時間と母乳よりも時間がかかるので、腹持ちがよく授乳間隔が長くなります。

・場所を選ばない

胸を露わにしなくていいので外出の行動範囲も広がりますし、パパも授乳・育児の参加ができます。また、腹持ちがいいことも含め、誰かに預けるということができます。

・ママの飲食に左右されない

ママの食事や飲料・服薬の影響を受ける母乳に対し、ミルクは栄養面で一定の品質を保っております。つまり、良質な母乳のための配慮や食事制限をしなくてもいいので、ママの精神的な負担が軽減されます。

ミルクのデメリット

・母乳に含まれる免疫がもらえない。

母乳に近い成分で配合されているとはいうものの、母乳に含まれる免疫力までは摂取できません。

・お金や手間がかかる

哺乳瓶、消毒器や携帯グッズなど、初期投資がかかります。
粉ミルクは、800gの缶が安い時で2200円位、消費期限が約1か月です。衛生上の理由から、作って2時間以降および飲み残しは破棄しなければなりませんのでロスが発生します。また、赤ちゃんの成長に伴ってミルクの消費量も上がりますので、経済的負担が増します。
このほか授乳時間ごとにミルクを作り、使用済みの器具はその都度洗浄消毒をしなければなりませんので意外と手間がかかります。双子の場合、哺乳瓶は1人につき3~4本位用意し、付け置きタイプの消毒にしますと深夜の授乳も時短できます。

・産後の回復に時間がかかる

母乳による授乳ですと子宮収縮を促すオキシトシンというホルモンが分泌されるのですが、そのホルモン分泌を促す刺激がないので、子宮が回復するまでの時間がかかるといわれています。

混合とは

母乳による授乳を主体とし、補助的にミルクをあげる授乳の仕方です。
やむを得ない状況や母乳ではママの負担になりすぎて心身のいずれかが不調である時に母乳とミルクの混合を検討することがあると思います。
例えば、育休明けに復職するという方は母乳のちミルクに切り替えるという人もいますし、1か月健診にて発育不良と思われる方には混合を勧められることもあります。
こうした授乳の仕方もあるのだと知っておくと、授乳に対するプレッシャーも少しは和らぎます。

もう少し深く母乳とミルクによる授乳のメリット・デメリットを知りたい方は、下記の本を読まれてみてはいかがでしょうか。

【書籍】おっぱいの科学 

著者 フローレンス・ウィリアムズ

年頃の?子どもがいると妙な表紙に気づいて大人もハッとするのですが(笑)イラストとは裏腹に、様々な視点と科学的な切り方で胸について、そして授乳についても綴られています。所々、難しい単語もでてきますが、母乳のメリット・デメリットだけでなく、著者の実体験も書かれており、読み応えがあります。

お値段がお高めの本ですし、授乳についてとても参考にはなるのですが一部ですので、母乳という面でみるのでしたら一度目を通して購入してもいいと思います。

本書において、母乳につきものの食事や環境的な影響を知ると、少し恐く感じるかもしれませんし、慎重になるかもしれません。また、ミルクの場合、カロリー摂取過多によって幼児肥満が多いのではないかという説もあること、母乳成分や役割を解明できれば母乳の素晴らしさを知るとともにミルクの質も向上するなど、読めば読むほど、知れば知るほど公平で奥深い内容となっており、最終的には、ママになる私たちに決断をゆだねられていることを改めて気づかされます。

ほかにも、化学物質などの難しいところは、私の頭では理解するのに時間がかかるのでとばしてしまったのですけれども(汗)、女性の多き悩みに対するせきららな話や乳がんなど、ついつい興味そそられる見出しで、一通り読んでしましました。たまにある例えが独特すぎてクスッと笑えますし、著者が作家およびジャーナリストでもあるので鋭い現実も書かれてあるので、ある意味、衝撃的でもあります。

なかなか眠れない時には益々眠れなくなるくらい頭が活性化されますので(笑)少しずつ読んでみるといいと思います。


おすすめ記事

こども動物自然公園コアラ 1
遊べる埼玉県こども動物自然公園は面白い

コアラの赤ちゃん誕生ということで埼玉県こども動物自然公園へ行ってみました。解放感ある(放飼場)動物展示と飼育員さんの手作り看板に感激しつつも、園内を蒸気機関車風乗り物が道路を走り、アスレチックや水遊び ...

N's入口 2
奈良美智さんのN's YARDへ行ってきました

2018年3月16日栃木県の那須塩原に、奈良美智さんの未発表作品を含む作品公開施設がオープンしました。3月末の土曜日は混雑することなく、作品だけを鑑賞されるのであれば所要時間1時間位でしょうか。開館時 ...

上野動物園(ジャイアントパンダ) 3
雨の日でも楽しめる上野動物園

2017年6月12日生まれのジャイアントパンダのシャンシャン(メス)は2018年5月5日の計測で26.3kgになりました。もうすぐ1歳、遊び盛りなシャンシャン見たいですよね。ですが、整理券が必要なんで ...

0歳からの絵本 4
0歳からの絵本

赤ちゃんはお腹にいる時からママの声を聞き、判別できるといわれていますが、誕生後は沢山声かけをすることで情緒安定や周囲への興味を抱き、言語力が育まれるといわれています。でも、声かけを意識しないと話しかけ ...

母子手帳と補助券 5
母子手帳と補助券、出産退院までの費用

妊娠が確定しましたら、母子手帳の交付手続きを行いましょう。 なお、母子手帳は1人につき1冊の交付となりますので、双子の場合は2冊となります。 スポンサーリンク 母子手帳 正式名称は母子健康手帳です。こ ...

驚き!ダメージヘアにも使えるヘアブラシ 最高峰のメイソンピアソン 6
驚き!ダメージヘアにも使えるヘアブラシ

妊娠してから産後しばらくの間、髪の毛のパサつきや抜け毛に悩んでかかりつけの美容師さんに尋ねると、同じように悩まれている方結構多いですよと言われました。半年位経つと落ち着いてきましたが、それでも乾燥しが ...

【妊娠報告のタイミング】職場の上司や同僚・家族・彼氏は?いつがいいの? 7
妊娠報告のタイミング

妊娠が確定されると、妊娠報告をどのタイミングでしようか考えてしまいますよね。 ここでは体験等をまとめましたので、ご参考にしていただければと思います。 スポンサーリンク 目次1 我が家の妊娠報告2 職場 ...

-マタニティライフ

Copyright© 双子女子とこそだて , 2018 AllRights Reserved.