マタニティライフ

妊娠中のママケア・美容

投稿日:2018年2月10日 更新日:

妊娠によって体質が変わると、お肌のトラブルが起こりやすくなります。その代表格は、お腹が目立ち始める安定期以降にみられるストレッチマーク(妊娠線)です。できてしまうと消えることはないと言われており、その原因と対策、その他にもママの気になるケアや美容についてまとめてみました。

スポンサーリンク



ストレッチマーク

妊娠により皮膚再生力が低下しているなかで、お腹が大きくなるとともに皮膚が引っ張られて表皮の下にある真皮や皮下組織に亀裂が入ってしまい、その結果として、赤や白っぽい筋のようなストレッチマークが現れます。

特に、お腹まわりと大きく膨らんだお腹をカバーするために太ももも太くなりやすく、また、授乳に向けて乳腺が発達するとともに胸もサイズアップしますから、この3か所には気をつけましょう。なお、体質的にできやすい人や、多胎ですと皮膚への負担も増しますのでストレッチマークができやすい状態にあります。早い段階からのケア対策を行うことで少しでもリスクを減らしたいですよね。

妊娠線のできやすい人

・もともと小柄、痩せている
・乾燥肌やアトピー体質
・体重増加が12㎏以上
・高年齢
・一度出産を経験している

ケア対策

・急激な体重増加に注意する。
・専用クリームやオイルなどで保湿ケアをする。
 ※アレルギーの方は成分をご確認の上、ご使用ください。

専用オイルですと香りもよいのでリラックスできるのですが、お値段の割に必ずしも防げるわけではないので、オリーブオイルや馬油、ベビーオイルなどを1日に数回やさしく丁寧に塗り込むことで防げた人もいました。

私自身で言いますと、評判の良いストレッチマーク用クリームを使っていたのですが、へそ下中央にくっきりと線が出てしまいました。確かに、妊娠線のできやすい体質にあてまはることがいくつかあったものの、丁寧なケアを心がけて気をつけていただけにショックでした。

その後、主治医からは、帝王切開の手術跡と重なり目立たなくなることや、出産時に比べて産後のお腹まわりの回復とともに傷も小さくなりますとお気遣いの言葉をいただき、確かにそうなりました。ところが、なぜか産後の毎日の入浴でお腹を垢擦りみたいにしているとポロポロととれて薄くなりました。

正中線

実は、へそ下中央に現れた茶色い1本の筋は正中線といって、受精卵から赤ちゃんに至るまで細胞分裂を繰り返した名残りとして誰にでもある線といわれています。普段は個人差によって見えにくいかもしれませんが、妊娠によってお腹の皮膚が薄く伸び、また、ホルモンバランスの変化によって目立ちやすい状態にもあるので濃くなって初めて気づく方も多いと思います。

正中線は過剰なメラニン色素によって現れ、刺激などによって黒ずんでいきますので、肌の乾燥を防ぎ摩擦などの刺激を与えないように心掛けましょう。出来てしまった場合にはストレッチマーク同様に新陳代謝をよくし、優しく保湿を心がけると薄くなるかもしれません。

万一出来てしまっても、授乳や育児、子育てしていく中でファッションも変わっていきますし、温泉でもさほど他人の体は見ませんよね?妊娠の勲章と捉えてみてはいかがでしょうか。

日焼け

シミという肌トラブルも起こりやすい1つです。普段よりも紫外線の影響を受けやすいので日焼け対策が必要となりますが、お肌が敏感になっているために愛用していた日焼け止めが合わなくなることもあります。

一般的なケア対策と同様に、紫外線の強い時間帯を避ける、マタニティや赤ちゃん用をはじめ敏感肌にも使えるような日焼け止めをこまめに塗る、日傘や手袋などのUVカット製品などを使って外出するようにしましょう。

かゆみ

原因の多くはホルモンバランスの変化、水分や栄養不足などによって乾燥しやすくなっていることが挙げられますが、普段よりも代謝が良くなっているので汗をかいて湿疹ができてしまったり、妊娠線ができる前兆としてもかゆみが伴います。度合いは人によって様々ですが、搔き傷をつくってしまうと跡が残ってしまうので、普段からの保湿を心掛けて、酷い場合にはかかりつけの産婦人科医で処方してもらいましょう。

スポンサーリンク



脱毛

レーザー・光ともに直接の影響はありませんが、妊娠に伴ってお肌がデリケートになっているところへ刺激を与える事でのトラブルが懸念されますので、おすすめできません。また、サロンでは、施術中の体勢によっては体調不良になる可能性もあり、契約段階でこの旨を明記または告知によってお断りしていると思います。

このほか、ホルモンバランスは毛周期とかかわっていますから、サロンや施術部位によって再開できるタイミングも違います。生理が定期的にくるようになると、ホルモンバランスも落ち着いている証拠ですので、毛周期に合わせて施術し、ムダ毛の量を減らしていくという本来の効果が得られやすい状態にあるので再開のタイミングとみてよいでしょう。

どうしてもムダ毛が気になる場合

カミソリで除毛し、保湿を丁寧にした上で様子を見ます。問題なければ、我慢の限界まで回数を減らして、この時期を乗り越えましょう。

家庭用光脱毛器は、ムダ毛の量を減らしていくといった意味では効果を発揮できず、いわゆるムダ打ちとなってしまいますが、除毛としてはきれいで長持ちしますので覚悟のうえでご使用になるといいでしょう。ただ、妊娠前は問題なくてもお肌はデリケートになっておりますので、痛みを強く感じたり、トラブルも起こりやすいのでご注意ください。

美容室(カラーリングやパーマ)

直接の影響はありませんが、薬剤のにおいや長時間の体勢に耐えることができそうな、体調の良い時に行いましょう。また、店内に段差があったり滑りやすい床であることも多いので、予約の際には必ず、妊娠していることを報告しましょう。お店によっては時短や席の配慮をしてくれます。

マタニティさんの女子力

マタニティウェアも人気ブランドでの取り扱いが増え、お洒落なマタニティさんを見かけることが多くなりました。ですが、自宅でのケアは、お腹が大きくなるにつれ、ムダ毛処理するも下半身は見えにくくなってきますし、マイナートラブルが増え、体勢は辛く、何事も時間もかかりますから、ケアや美容という余裕もなくなってくるかもしれません。

私自身も、お腹のかゆみが常にありまして、自宅では肌を露出しながら掻いていたのでよく笑われていました。女子力低いなあと思われる旦那様がいらっしゃるかもしれませんが、一時ですので?ご理解していただければと思います。

おすすめ記事

N's入口 1
奈良美智さんのN's YARDへ行ってきました

2018年3月 栃木県の那須塩原に、奈良美智さんの未発表作品を含む作品公開施設がオープンしました。3月末の土曜日は混雑することなく、作品だけを鑑賞されるのであれば所要時間1時間位でしょうか。開館時間は ...

あけぼの子どもの森公園 2
トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園に行ってみました

埼玉県飯能市にあるムーミンチックな公園に行ってみました。この公園はトーベ・ヤンソンさんとの手紙のやり取りによって生まれ、コンセプトのしっかりとした、まさに北欧な憩いの場でした。2018年6月にはカフェ ...

上野動物園(ジャイアントパンダ) 3
雨の日でも楽しめる上野動物園

2017年6月生まれのジャイアントパンダのシャンシャン(メス)は2018年10月15日の計測で34.8kgになりました。気温の高い日や雨天・荒天の日は室内で過ごすことになりますが、ハンモックで遊んだり ...

奥入瀬・阿修羅の流れ 4
山形・奥入瀬・松島 弾丸ツアーしてみました

子どもの「奥入瀬渓流みてみたい」から始まった我が家の弾丸ツアー。せっかくなので日本海と太平洋をみて感じてもらおうと新潟から山形を北上し、十和田湖・奥入瀬渓流、宮城県は松島に行ってみました。 目次1 山 ...

龍ヶ窪 5
【癒しスポット】神秘的な池「龍ヶ窪・新潟県津南町」

新潟県津南町にあります日本名水百選の龍ヶ窪へ行ってみました。 湧き水は透明度が高く水面にも鏡のように森林が映ります。撮影スポットと水汲み場(神社)は分かれており、お子様連れですと所要時間は60分程でし ...

キャンプ アウトドア 6
家でも使えるアウトドア用品を見つけました

かつて車泊旅行がメインだった我が家ですが、そろそろキャンプデビューしたいなということで代々木公園にて開催された'OUTDOOR DAY JAPAN 2018'に行ってみました。コンパクト・かわいい・片 ...

-マタニティライフ

Copyright© 双子女子とこそだて , 2018 AllRights Reserved.