マタニティライフ

マタニティライフ 中期

投稿日:2018年2月11日 更新日:

妊娠中期に入りますと、つわりが落ち着いてきて、お腹まわりや食欲も妊婦さんらしくなってきます。また、胎動も感じられるようになりますので、この時期ならではのコミュニケーションの図り方も紹介します。

スポンサーリンク

周期 妊娠5~7か月(16~27週)

赤ちゃんの成長

目安として、身長25~35㎝、体重300g~1㎏へと大きく成長します。 身体全体に脂肪がつき始め、産毛や爪の形成、目鼻口などもはっきりとしてきて、まばたきが出来るようになります。 また、羊水を飲んでおしっこをするといった排泄機能も発達し、エコーで性別が分かるようになります。

24wあたりで聴覚は完成に近づき、視覚は音や明暗(光)を捉えることができるようになります。双子の場合の活動面では、窮屈ゆえの不満や性格の違いなのかしら?胎動も興味深いものがありました。尚、健診でエコーを受けますと性別が判明したり、しゃっくりや指しゃぶりをしているなど思いがけない姿を見ることもあるようです。

ママの様子

一般的な様子とおおよそ同じでしたので、当時の私の様子を簡略して載せます。

16wお腹が出てきて衣類のサイズが合わなくなってきた。くしゃみや急に立つと尿漏れがたまにある。
20w ポコポコとお腹の内側が動く、胎動らしきものをはっきりと感じる。
21w 赤ちゃんの性別判明。私は体重増加に注意(2週間で3㎏も太ってしまった)
22w 便秘気味。1週間で体重1㎏増。つわりの時と同じように強い眠気あり。
23~24w こむらがえりが起こるようになった。
つわり再び?気持ちが悪く、胃は圧迫感がある。食事は酸味のあるものがおいしい。
25w はっきりと右の子の足の動きが感じられる。
27w 身体が重く、何をするにも億劫で動きたくない。健診にて、赤ちゃんの体重差が開き始めたため要経過。

妊婦ならではのマイナートラブルもみられるようになりましたが、中期で最も気をつけたいのは体重増加です(汗)。
つわりが落ち着いてくると味覚が戻り、強い空腹感も伴って食事の摂取量も増します。太りやすくもあるので体重管理をしながらバランスの良い食事を楽しみましょう。

太りやすい原因
・ホルモン作用によるもの

これまでエネルギー源としていた糖質は、胎盤から分泌されるホルモン作用によって赤ちゃんへ優先的に供給するようになります。すると、母体はエネルギー不足になってしまうので、主なエネルギー源を脂肪に代え、皮下脂肪を蓄えようとします。また、皮下脂肪にはお腹の赤ちゃんを衝撃から守る・子宮保温・産後の授乳に必要なエネルギー源としての貯蓄を担う面も持ち合わせているため、必然的に太りやすいのです。

・カロリー摂取過多によるもの

チョコレートやキャンディーなどの甘い物が食べたくなりますが、これらに含まれる二糖類は血糖を急激に上昇・下降させる性質があるため、即座に満足感は得られてもまた欲しくなり、カロリー摂取過多になります。

・心理的要因によるもの

妊娠中は体の変化とともに、マイナートラブル・妊婦健診の結果・職場復帰や育児・協力者の有無・経済的な面などの生活全般に及ぶ不安やストレスを抱えることもあります。孤独感の強い人ほど過食や偏食といった食生活になりやすいかもしれません。

しかし、体重増加には、お腹の赤ちゃんの成長や赤ちゃんが育つために重要な役割をしている羊水や胎盤、母体の血液および水分も増えていくため、一概に食事による肥満とは言えません。よって、体重増加の善し悪しは妊婦健診の結果によって判断されますが、尿糖がみられた場合にはカロリー制限などの指導が入ります。

体重管理が必要な理由

大幅な体重増加がみられますと、糖尿病の恐れ・妊娠線や静脈瘤になりやすい・腰痛・合併症や難産になる(陣痛を弱めたり、産道が狭くて赤ちゃんが出てくる時に苦しい)割合が増える等、トラブルを起こしやすくなります。

予防対策
母親学級などに参加

悩みや不安を共有したり、そこで知り合ったママ友とランチをしますと食事の面でも励みになります。なかにはママ友ランチで好きなものを遠慮なく食べると決めて、普段は脂質・糖質を抑えているという方もいらっしゃいました。ほかにもマタニティ関連イベントもあるかと思います。外出を増やすことで気が紛れるだけでなく適度な運動にもなりますので、無理をしない範囲で参加してみてはいかがでしょうか。

甘い物が欲しい時

おにぎりなどの多糖類を選んで食べるようにして、それでも食べたい時にチョコなどのおやつを味わうようにすると、少量でも満足しますので、赤ちゃんとご自身の産後体型の回復の為にも食生活をコントロールしていきましょう。

適度な運動

一度に運動しますと体調不良やお腹の張りなどに繋がりますので、20分×3回を目安に心掛けましょう。お買い物で1回、お散歩で1回、その他外出で1回と考えるとクリアしやすいですね。

その他のマイナートラブル
腰痛

胸やお腹がサイズアップすると同時に姿勢も反り気味のため、腰痛も起こりやすくなります。母親学級などでマタニティヨガも行われており、腰痛に効くストレッチなども教えていただけますよ。

スポンサーリンク

尿漏れ

私自身も経験しましたが、赤ちゃんが育つとともに膀胱も圧迫されてしまうので人によっては頻尿や尿漏れも起こります。対策としては、1日に10回程度、お尻に力を入れて肛門を引き上げるトレーニングを行うと良いそうです。

こむらがえり

お腹が大きくなりますと足への負担が重くなりますから、疲れが残りやすく、血行不良にもなりやすいですのでマッサージを行ってみましょう。
栄養面では、ミネラルやビタミンB₁を取り入れましょう。ミネラルは乳製品などのカルシウムや大豆・豆製品といったマグネシウムを含む食品、ビタミンB₁は豚肉に多く含まれています。

さて、赤ちゃんの動きが感じ取れるようになりましたら、この時期ならではの楽しいコミュニケーションの図り方があります。

キックゲーム

お腹にいる赤ちゃんが蹴ったらママもお腹をポンポンと軽く押したり叩いたりする遊びです。その逆でも構いません。ママから押してみて、赤ちゃんが反応する、そして再びママが押し返すようにしてみても楽しいです。

我が子の場合ですと、10時または14時位が反応がよかったです。

一人は激しく、お腹の中は限られた空間だというのに遠慮なく活発に動くので、どんな時でもそこに一転集中してしまうような存在感の大きい子でした。おそらく奥の方にいるもう一人の子は、控えめに蹴り返すという明らかな違いを感じました。
マタニティライフ後期に入ってある時、お腹からかかと?のようなものが、時計でいうと10時から1時までをなぞるようにかけめぐりまして、それが最後の激しい胎動だったような気がします。

明らかな違いのある胎動は、ほかの双子ママには感じられなかったようなので、もし違いを感じられたなら、うちの子は性格も違うのね程度に(笑)楽しんでいただければと思います。ただ、強く押しすぎると赤ちゃんへの影響も懸念されますから、お腹の張り(足がつる瞬間のような硬直らしいもの)を感じるようでしたら止めて、落ち着いた頃にトライしてみるといいですね。

 

おすすめ記事

N's入口 1
奈良美智さんのN's YARDへ行ってきました

2018年3月 栃木県の那須塩原に、奈良美智さんの未発表作品を含む作品公開施設がオープンしました。3月末の土曜日は混雑することなく、作品だけを鑑賞されるのであれば所要時間1時間位でしょうか。開館時間は ...

あけぼの子どもの森公園 2
トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園に行ってみました

埼玉県飯能市にあるムーミンチックな公園に行ってみました。この公園はトーベ・ヤンソンさんとの手紙のやり取りによって生まれ、コンセプトのしっかりとした、まさに北欧な憩いの場でした。2018年6月にはカフェ ...

上野動物園(ジャイアントパンダ) 3
雨の日でも楽しめる上野動物園

2017年6月生まれのジャイアントパンダのシャンシャン(メス)は2018年10月15日の計測で34.8kgになりました。気温の高い日や雨天・荒天の日は室内で過ごすことになりますが、ハンモックで遊んだり ...

奥入瀬・阿修羅の流れ 4
山形・奥入瀬・松島 弾丸ツアーしてみました

子どもの「奥入瀬渓流みてみたい」から始まった我が家の弾丸ツアー。せっかくなので日本海と太平洋をみて感じてもらおうと新潟から山形を北上し、十和田湖・奥入瀬渓流、宮城県は松島に行ってみました。 目次1 山 ...

龍ヶ窪 5
【癒しスポット】神秘的な池「龍ヶ窪・新潟県津南町」

新潟県津南町にあります日本名水百選の龍ヶ窪へ行ってみました。 湧き水は透明度が高く水面にも鏡のように森林が映ります。撮影スポットと水汲み場(神社)は分かれており、お子様連れですと所要時間は60分程でし ...

キャンプ アウトドア 6
家でも使えるアウトドア用品を見つけました

かつて車泊旅行がメインだった我が家ですが、そろそろキャンプデビューしたいなということで代々木公園にて開催された'OUTDOOR DAY JAPAN 2018'に行ってみました。コンパクト・かわいい・片 ...

-マタニティライフ

Copyright© 双子女子とこそだて , 2018 AllRights Reserved.