マタニティライフ

マタニティライフ初期(妊娠周期と母子の様子)

投稿日:2018年2月6日 更新日:

妊娠期間を大きく分けますと初期・中期・後期とあります。
それぞれの時期のママの様子や赤ちゃんの成長について心配になることもあるかと思います。双子・単胎出産をしてみて思うことは、双子だからといって特別なことをするわけではなく、妊婦健診にて問題がなければ単胎妊娠と同じように過ごせますので、あまり心配しすぎないようにゆったりとマタニティライフを過ごしていただけたらなと思います。
ここでは簡単にですが、目安と我が家の記録を載せますのでご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

妊娠初期(妊娠1~4か月)

初産ですと、気づいた(診断された)頃にはもう2,3か月!?と驚きますよね。
妊娠期間の数え方は普段私たちが利用しているカレンダーとは異なります。WHO(世界保健機構)で基準を定めていますので、みていきましょう。

妊娠週数
最終月経開始日を妊娠0日とする
1週を7日とし、妊娠持続を40週とする
28日を妊娠歴の1か月と定め、妊娠持続を10か月とする
正常妊娠持続日数を280日とする

すると、妊娠周期は0~6日が妊娠0週,7~13日が妊娠1週となりますので、次の生理が来ないな~と思った頃には妊娠2か月位になっているわけです。週数でいうと0~15週までが妊娠初期ということになります。

ただし、これはあくまで目安ですので、排卵日などの計算にずれがあると週数で2週間位の誤差があったりしますし、出産予定日もずれることがあるため、超音波健診なども併せて判断されます。

飲酒・喫煙について
気付かない間に飲酒・喫煙(受動喫煙)をしていた・・・どうしようと不安になられる方もおられると思います。
妊娠中の摂取は流産や早産、低体重、先天性心患、障害などの可能性が高くなるといわれておりますが、気付いた段階で止めればリスクを減らすことができるといわれております。

ただ、慢性的に摂取している方は、断つのが大変辛く妊娠発覚後も誘惑にかられると思いますので、厳しいようですが慢性的な摂取はリスクを高めていく行為になりますので妊娠前から断つことが理想です。

しかし、先述しましたが慢性的な飲酒や喫煙はなかなか止めることができませんよね。

ノンアルコールや炭酸飲料、氷、ガムを噛むなどして気を紛らわせてみる。
妊婦さんは虫歯になりやすい口内環境にありますから、キシリトール入りのガムにすると一石二鳥ですね。
それでも止めれそうにない方は医師に相談してみましょう。

尚、アイコスなどの加熱式タバコは有害物質が減量されているだけで含まれていることには変わりありません。
受動喫煙も同様の事がいえます。
特に同居人には協力していただき、禁煙中の方は誘惑にかられますので近寄らないことも1つの予防対策になりますよね。

リスクを下げるというより、リスクをなくす意思の強さが必要です。
がんばってください。

では、次に、妊娠初期の赤ちゃんの成長とママの様子をみていきましょう。

赤ちゃんの成長

※2・3・4ヶ月の様子(双子ですが一人ずつの撮影でした)

赤ちゃんを包む袋を胎嚢といいますが、4~6週目位でエコーを撮りますと通常は子宮の中にこの胎嚢が1つ確認できます。見られない場合でも、前述の通り、誤差がありますので安心してください。

二卵性の双子ですと、この胎嚢が2つ確認できます。

そして、この胎嚢の中に赤ちゃんの心臓の動きが確認できると妊娠が確定されます。

小さな赤ちゃんですが、週数が経つにつれて臓器や目,鼻,耳などの器官が形成されていき、やがて、手足の指や頭と胴体の区別がつくようになり、胎嚢は卵膜へと変化します。赤ちゃんにとって著しく成長する大事な時期ですので、ママは飲酒や喫煙をやめ、服薬には注意が必要です。

ママの様子

体形に大きな変化はみられませんが、初期の終わり頃には胸やお腹のサイズに違いを感じる方もいらっしゃいます。胎動を感じることはありませんが、8週あたりから赤ちゃんは動き始めています。

そして、この時期もっとも悩ませるのが、つわりです。
妊婦さんの5~8割の方に、吐き気,嘔吐,下痢などの消化に関するトラブルや眠気,頭痛,倦怠感,唾液過多などがみられますが、症状や度合は個人により異なります。
原因は解明されていませんが、妊娠によってホルモンバランスの変化や急激な体の変化に対応できないためではないかと言われています。

双子だとつわりも酷い?

と思われる方もいらっしゃいますが、その時の体調やストレス、環境的要因などによっても症状や度合が違うといわれていますし、多胎妊娠と単胎妊娠を経験した私にとって、その差はないように感じました。いずれも、つわりの症状が改善されず、生活の質が保てないなどによって、心身ともにつらくなってくるという感じでした。

そうしたなかでの妊婦健診は、通院や待ち時間につらいものがありましたが、エコーで赤ちゃんの様子を見るのがとても楽しみでした。

次回は、つわりを乗り切る工夫についてお話します。

おすすめ記事

N's入口 1
奈良美智さんのN's YARDへ行ってきました

2018年3月 栃木県の那須塩原に、奈良美智さんの未発表作品を含む作品公開施設がオープンしました。3月末の土曜日は混雑することなく、作品だけを鑑賞されるのであれば所要時間1時間位でしょうか。開館時間は ...

あけぼの子どもの森公園 2
トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園に行ってみました

埼玉県飯能市にあるムーミンチックな公園に行ってみました。この公園はトーベ・ヤンソンさんとの手紙のやり取りによって生まれ、コンセプトのしっかりとした、まさに北欧な憩いの場でした。2018年6月にはカフェ ...

上野動物園(ジャイアントパンダ) 3
雨の日でも楽しめる上野動物園

2017年6月生まれのジャイアントパンダのシャンシャン(メス)は2018年10月15日の計測で34.8kgになりました。気温の高い日や雨天・荒天の日は室内で過ごすことになりますが、ハンモックで遊んだり ...

奥入瀬・阿修羅の流れ 4
山形・奥入瀬・松島 弾丸ツアーしてみました

子どもの「奥入瀬渓流みてみたい」から始まった我が家の弾丸ツアー。せっかくなので日本海と太平洋をみて感じてもらおうと新潟から山形を北上し、十和田湖・奥入瀬渓流、宮城県は松島に行ってみました。 目次1 山 ...

龍ヶ窪 5
【癒しスポット】神秘的な池「龍ヶ窪・新潟県津南町」

新潟県津南町にあります日本名水百選の龍ヶ窪へ行ってみました。 湧き水は透明度が高く水面にも鏡のように森林が映ります。撮影スポットと水汲み場(神社)は分かれており、お子様連れですと所要時間は60分程でし ...

キャンプ アウトドア 6
家でも使えるアウトドア用品を見つけました

かつて車泊旅行がメインだった我が家ですが、そろそろキャンプデビューしたいなということで代々木公園にて開催された'OUTDOOR DAY JAPAN 2018'に行ってみました。コンパクト・かわいい・片 ...

-マタニティライフ

Copyright© 双子女子とこそだて , 2018 AllRights Reserved.